高考日语培训机构 高中学日语 学校的高中生活日语作文

学校的高中生活日语作文

文章目录 一、学校的高中生活日语作文最佳答案 二、学校的高中生活日语作文相关答案 三、学校的高中生活日语作文类似问题 关于学校的高中生活日语作文最佳答案 1.受験から入学まで …

学校的高中生活日语作文插图


关于学校的高中生活日语作文最佳答案


学校的高中生活日语作文


1.受験から入学まで センター试験では障害者に対して特别措置を设けることができます。 弱视者の场合、拡大问题册子?点字问题册子の使用と试験时间の延长 を要求できますが、结局これらは申请しませんでした。 ルーペの持ち込みと机の位置の指定(最前列の中央)は、许可されました。 2次试験の时は、センター试験に准じた形式で大学に直接配虑を申请しましたが、すんなりと受け入れてくださり、このときにすでに入学后の配虑についても问い合わせがありました。配虑の必要性は特に思いつくことがなかったので、特にお愿いはしませんでした。 自己绍介 入学式后の、最初のクラスの颜合わせの时、自己绍介のコーナーがありました。 「私は目が悪いので、近くの席に座ることがあったら、 黒板に书いたのが见えないときは教えてください、 それから、远いと人の颜がわからず、気がつかないので 见かけたら声をかけてくださいね。」 确か、こんな风に言ったと思います。 でも、何しろ学科に1学年60人もいたから、名簿顺で最后の方の私は、あまり真剣に闻いてもらえなかったみたいです。 小中高校では、あらかじめ先生も私が目が悪いんだということを知っていますから、なにもわざわざ言わなくても、周りには目が悪いことがすぐに承知されてしまうのですが、大学はそうはいきません。 自分で言わないと谁も気づいてくれないような、予感がしていました。 ですから、勇気はいりましたが、はっきり伝えなくては、と思い、言いました。 でも、结局3年生くらいになって初めて、私が弱视だということがようやく クラスみんなに知られたようです。 讲义 讲义で心配していたのは良い座席の确保ですが、これはほとんど 问题になりませんでした。なぜなら、自由に座席を选べるにも関わらず、 最前列には谁も座っていないことがほとんどだったからです。 ただし、200人もはいる阶段状の讲义室では、黒板が最前列から远いので、板书はほとんど见えませんでした。最前列のさらに前に自分用の座席を设けると良かったのですが、さすがに耻ずかしくてできませんでした このころは単眼镜の存在も知りませんでした。 入学当初は紧张もしていましたから、朝、讲义の始まる30分前には来て、席取りをしていましたが、何回か讲义が続くと、みんなの座る位置が固定されてくるので、あわてなくても大丈夫になってきます。 ただし、私がどうして、そこまでして教卓の前に座るのか、 ほとんどの人は、私の后ろ姿しか知らないのですから、私が弱视であることなど、ほとんどの人が知らないでいるのでしょう。 各教官には、讲义の初日に弱视のことを说明し、 板书の见えないときは席を立って黒板を见に行くことを 许してもらいました。ほとんどの教官は快く了解してくださいました。 讲义は、聴くことに集中していて、板书が见えないときも何とか対応していたように思います。(というわけでノートはまともに取っていないことが多かった) 実験?実习 理系の学部はどうしても実験?実习が多くなると思うのですが、 特に生物学系の実験は、目がよく见えること、手先が器用なことを 求められて当然なのです。 それを自分ではわかっていたつもりですが、他の実験を选ぶことが できたのですが、あえて自分のやりたい物を选んでしまっていました。 例として、1年次の生物学実験の时の话をします。 実験を履修申告する前に、担当教官の所へ行って 自分の目の状况を说明しました。 内容は、たとえば ?眼振があるので凝视が难しいこと ?観察に时间がかかること ?ちゃんと観察するために、顕微镜の倍率をみんなより 高くしてほしい こんな感じで说明したのですが、厳しいことを言われました。 「正确にスケッチを书けなかったら単位は出せない。」と、はっきり言われました。 私も、悔しかったので、「それでもかまいません、履修させてください。」 と言ってしまうのでした。 やっぱり、大変でした???。 基础的な実験なので、ほとんどが観察?スケッチなのですが、 私の场合、右目で顕微镜を覗き、标本の构造を记忆して、よく头の中でかみ砕いてから、顕微镜から颜をどかして、ケント纸に向き直り、スケッチしていました。 それに、眼振のために顕微镜の视野が小刻みにふるえるのです。 ぐるぐる回っているんじゃないかと思うことも??? さらに、顕微镜で覗きながらの解剖は、普段无意识にしているように、 手で触れて距离感を确かめることもできず、ほとんどお手上げでした。 1时から実験をはじめて、4时半ごろみんな帰っていくのに、 私と、2、3人が残って、8时とか9时までかかってやっていました。 时间がかかるのは私はいいのですが、教官は监督していなければならないので、大変だったと思います。 当然、体力と集中力はいりますし、目は神経痛になります。 それでも、好きなことをやっているので、気持ちは大丈夫でした。 3年になると、周に2?3日実験があ


关于学校的高中生活日语作文相关答案



了解更多学校的高中生活日语作文类似问题


高中生英语日语并学
高中自我介绍日语作文
高中三年日语可以学好吗
阜阳开设日语的高中
高中日语校企合作
高中的时候日语
高中的日语罗马音
高中日语在线课
德阳高中日语班

本文来自网络,不代表高考日语培训机构立场,转载请注明出处:https://www.gkriyu.com/riyugaokao/9281.html
上一篇
下一篇

发表评论

邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注

返回顶部